読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴァイキング:クランの戦争はじめました

ヴァイキング:クランの戦争 「Vikings: War of Clans」を何気なくはじめて、外人さんに誘われホイホイとクランに入ったものの日本人って俺だけじゃん、とい状況。←いまここ

あー。無理

最近、チャットさぼっています。

イギリスの爺ちゃんもチャットに参加していない様子。でも、俺がチャットに参加しなくなった理由とは違うハズ。俺のほうの理由は、億劫になってきたら・・・。

ネイティブ達は俺を見つけると、

「How are you?」

と100%の確率できいてくる。これ苦手だぁ。

駅前留学していた頃もレッスン冒頭でいつもきかれた。あの頃は道すがら何を言おうか考えてレッスンに臨んでいたのだが、ゲーム中に不意に聞かれると困る。

こっちは語学力ないから、あれこれ考え、Google先生で英文が正しいか、だいたいの当たりを付けてから返事をする。これって凄く大変な作業。ゲームどころではなくなる。で、だんだんチャットをしなくなり、今は地球の裏側が深夜になった頃を見計らってログインしている始末。

爺ちゃんのほうは、おそらく他のアクティブなメンバと影響力(いわゆる経験値)が10倍近く少ないので、話題が合わないのだと思う。かく言う俺も爺ちゃんと同レベル。んー。そういう意味では俺はダブルパンチなわけだ。

そんな日々を送っていたらチーフ(クランの一番偉い人=ニューヨークのおかん)から、

「I just wanted to stop by and say hello and thank you for all your hard work :) hope we can chat soon.」

とPM(プライベートメッセージ)が入った。全然意味わからん。Google先生に聞いたら、

I just wanted to stop by to say hello は ”ただどうしてるかなと思って”というニュアンスらしい。手紙などの書き出しで使われるようだ。to ではなく and でも同じ意味なんだろうなと勝手に解釈。

thank you for your hard work は ”お疲れ様です” というニュアンスらしい。all はもっと広い意味なんだろうなと勝手に解釈。

決まり文句らしいが俺にとっては、英語でこんなに温かみのある表現ができるのか、と衝撃を受けた。

そして今日、別の人から、

「at work today just wanted to check on you :)」

とPMが。昨晩迂闊にもPMで How are you? とたずねられてしまい、

「Hi, XXXX! What's up?」

と返事したので、その返事だ。ネイティブ達はよくいろいろ省略するので、I'm at work today. I just wanted to check up on you. と言っているのだと思う。後半の意味がさっぱりだ。Google先生によれば ”君がどうしているか気になってね” という意味らしい。

嬉しい。ちょっぴり涙が出そう。

 

おわり。